天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

日本ではどんな時間帯に手術をしても成績に差は出ない

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

「心臓手術は午前中よりも午後に実施した方が安全性が高まる」

 昨年末、そんな研究が英国の医学雑誌「ランセット」に報告されました。フランス・リール大学の心臓専門医チームが、心臓弁膜症などで人工弁置換術を受けた患者596人の術後の経過を500日間にわたって追跡調査したところ、期間中に心臓発作や心不全、術後の死亡を含む合併症を発症したのは「午前」が298人中54人だったのに対し、「午後」は298人中28人。術後に合併症を発症するリスクは「午後」の方が50%も低かったといいます。

 研究者は「心臓は体内時計の影響で午前より午後の方が強くなるため、手術に耐えやすくなる可能性がある」と話しています。たしかに、体内時計も多少は関係しているかもしれませんが、私の経験からお話しすると、この研究はスタート時点から“バイアス”がかかっているのではないかという印象を受けます。

1 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事