数字が語る医療の真実

ビタミンEとβカロテンの抗酸化作用

アーモンドはビタミンEを多く含む(C)日刊ゲンダイ

 ビタミンB1によるかっけの治療の歴史に始まった本欄のビタミンシリーズですが、今回のビタミンE、βカロテンをもって、一区切りということになりました。

 ビタミンEとβカロテンはかつて最も有望なサプリメントのひとつでした。動脈硬化やがんの原因となる体内の活性酸素を除去する抗酸化作用を持つため、その予防効果に大きな期待が寄せられていたのです。

 そのビタミンEとβカロテンの肺がん予防効果を喫煙者を対象に検討したランダム化比較試験が1994年に発表されています。

 多くの実験データにより論理的にはがんや動脈硬化を予防する効果が期待されたビタミンEとβカロテンでしたが、その結果は論理通りとはいかず、いずれもがんや心筋梗塞の予防に効果がなく、寿命を延ばす効果も認められませんでした。βカロテンに至っては、肺がんがむしろ増加し、死亡も多くなっています。この研究結果はフィンランドで行われたため、フィンランド・ショックとして大きな話題にもなりました。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事