がんと向き合い生きていく

治療を中断したのに「また再開を」と希望する患者もいる

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 Cさん(80歳男性)は、独身の息子さん(55歳)と2人で暮らしています。

 2年前、Cさんは右上肺の肺がん手術を受けました。術後の経過は良好でしたが、その後の定期検診で両肺に1センチ程度の小さな転移巣を多数認めました。しかし、まったく症状はなく、CT画像を説明されてもCさんにはその影がよく分かりませんでした。

「転移がきてしまいました。治ることはないと思いますが、幸いCさんのがんは遺伝子変異があって、よく効く内服の薬があります。この薬で命が1年くらいは延びます。治療をしてみましょう」

 担当医に言われるがまま内服治療が始まりました。

 とくに副作用もなく2カ月を経過したところで、Cさんは担当医にこんな相談をしました。

「治療代が高いことにびっくりしました。私は80歳です。1割しか払わなくて済みますが、多くは税金からですよね。最近、医療費がかさんで国は大変だと聞きます。治療してもどうせ治らないのだし、長く生きて世の中に貢献できるわけでもない。私はいま、生きていても何も役に立っていないのです。先生、治療をやめましょう。もしがんで苦しくなったら、その時は苦しまないような処置をお願いします。治療をやめることを息子に話したら、『望むようにしてくれていい』と言ってくれました」

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事