生活と健康 数字は語る

「国民栄養調査」は日本人の状況を最もよく表している

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 今回からは新しい連載ですが、これまでと同様、医療に関する数字を紹介していきます。タイトルが変わっただけではという疑いもありますが、今回のシリーズでは、できるだけ誰しもが容易にアクセスできる無料で公開された情報を中心に、より身近なデータを紹介していくつもりです。

 その手始めとして、ネット上でもオープンにされている「国民栄養調査」のデータをさまざまな角度からひもといていきたいと思います。

 国民栄養調査は、厚生労働省によって行われる調査で、国民の身体状況、栄養摂取量、生活習慣の状況を明らかにし、国民の健康増進を図るために、無作為に抽出された1都道府県当たり10地区(東京都のみ15地区)を対象として毎年行われているものです。

 1歳以上の国民を対象にし、平成28年調査では、2万6354人の身体状況調査、2万6133人の栄養摂取状況調査、2万5704人の生活習慣調査データが解析されています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事