愉快な“病人”たち

美容家・岸紅子さん チョコレート嚢胞を患い生き方見直す

「病気は生き方を変えるチャンスだった」と岸紅子さん/(C)日刊ゲンダイ

「よくこれで普通に生きてこられましたね」

 最初に診察を受けた医師にそう言われました。受診したのは結婚したての31歳のとき。妊娠・出産を前に体の状態を知っておこうと、夫とともに行ったブライダルチェックでした。特別不調を感じていたわけではなかっただけにショックでした。しかも、「今の状態ではお子さんは難しい」と言われてしまったのです。

  病名は子宮内膜症の一種「チョコレート嚢胞」でした。子宮内で起こるべき月経が卵巣で起こってしまい、流れ切らなかった月経血が少しずつ蓄積されてドロドロしたチョコレート状になり、卵巣にたまる病気です。

■両方の卵巣が通常の約3倍に巨大化

 2つある卵巣の両方ともが巨大化していて、それぞれがおよそ9センチにもなっていました。通常の卵巣は2~3センチですから約3倍。そんな状態だったとは、まったく予想していませんでした。それまで、経血の量の多さや月経痛を感じてはいたものの、「これが普通。みんなこんなもんだろう」と思って痛み止めの薬を常用していたのです。でも、それは体からのSOSだったんですね。

1 / 5 ページ

関連記事