天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

より信頼性の高い大規模データの収集は積極的に進めるべき

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 外科でも内科でも、心臓病の治療に関する大規模な前向き研究を積極的に行い、客観的なデータをどんどん蓄積していくことはとても重要です。近年は、欧米よりも日本人の体格に近いアジア地域で大規模データを収集するべきだという意見が増えています。日本国内だけでなく、中国、フィリピン、ベトナムといった地域にも目を向けて、より大規模な研究が進むことを期待しています。

4 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事