Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

ET-KINGいときんさんの命奪った肺腺がんには4つの治療薬

「ET-KING」の公式HP

 肺がんというと、たばことの関係がイメージされますが、その中でも肺腺がんはたばこと関係が深くありません。そんなタイプが、肺がん全体の6割近くを占めます。先月31日に亡くなったヒップホップグループ「ET―KING」のリーダー、いときんさん(享年38=写真)の命を奪ったのも肺腺がんでした。

 昨年6月の健康診断でがんが見つかり、その後の精密検査でステージⅣの肺腺がんでリンパ節や脳転移があることも判明したといいます。肺腺がんは、脳転移を起こしやすいのも特徴です。

 肺腺がんを巡って、注目の遺伝子があります。上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子で、EGFRに変異がある人が発がん原因のおよそ半数。その変異があると、細胞増殖のスイッチがオンのままになってしまい、発がんやがん増殖の原因になるのです。

 転移の中でも最も恐れられている脳転移は、がん患者全体の10人に1人が発症。肺がんは、脳転移のうちの46%と圧倒的です。肺腺がんは、肺がんの最も多いタイプだけに、脳転移との関係でもEGFRの変異が無視できません。EGFR変異がある脳転移は、米粒ほどの小さな転移病巣が脳全体に見られるのが特徴です。

1 / 2 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事