愉快な“病人”たち

胃の5分の4を摘出 アントニオ古賀さんはがんが心の転機に

「がんになって初めて痛みを知った」とアントニオ古賀さん/(C)日刊ゲンダイ

 ただ、血糖値は注意しています。糖尿病は40歳ぐらいからの持病ですから、ずっと血糖値を抑える薬は飲んでいましたが、まさかそんなに悪化しているとは気づかなかったので、胃がんになって助かりました。今は1日4回インスリンを注射。毎月主治医を受診し、2カ月ごとに順天堂医院で血糖値を調べてもらっています。

 血圧の薬2種類、逆流性食道炎の薬、腸のガスを出す薬など、何種類も薬を飲んでいますけど、ボクはこれらを「食後のデザート」と呼んでいます(笑い)。

▽あんとにお・こが 1941年、東京都生まれ。8歳からクラシックギターを学び、56年に故古賀政男に師事。59年にレコードデビューし「その名はフジヤマ」などのヒット曲で知られる。その後、本格的に作曲家として活動。日本ラテンアメリカ音楽協会会長を務め、国際親善に尽力している。来年デビュー60周年を迎える。

5 / 5 ページ

関連記事