末期がんからの生還者たち

すい臓がん<2>「私が手術します。手術適応がないので他ではやらないでしょう」

池田実さん
池田実さん(C)日刊ゲンダイ

「すい臓」は、胃の後ろ側という深部にある、長さが約20センチの細長い臓器だ。

 国立がん研究センターによると、この「すい臓」に発症するがんは、年間10万人あたり約29.1人である。

 難治性の高いがんの代表とされる「すい臓がん」は、手術を受けた患者でも5年生存率が、10~30%(がん研有明病院)と低い。

 ITベンチャー会社の役員、池田実さん(74歳、千葉県船橋市在住)は2012年8月、68歳のときに「千葉徳洲会病院」から「すい臓がん」と告知された。

 病期は、末期にあたる「ステージⅣa」まで進行していた。

「妻は担当医から、『すい臓がんの周りには、手術では切除できない難しい血管ばかりがあり、残念ですが手術はできません。もってあと2~3カ月でしょうか』と、告げられていたことを後になって知らされました」

 検査の結果、「すい臓がん」は、腹腔動脈、脾動脈、脾静脈、総肝脈に絡みつきながら進行していた。

 外科的にがんを切除するとき、もしこの大事な血管類を傷つけ、あるいは削除した場合に命を落とす。そのため、手術適応のボーダーラインを越えていると判断され、余命3カ月を宣告された。

■肉眼で見える範囲のがんは取り切った

 入院から1週間を経た9月初旬、池田さんの病室に高森繁院長(現千葉県市原市「五井病院」院長)が顔を見せ、院長室に誘われた。このとき高森院長はこう言ったという。

「私が手術をしましょう。この診断結果を見ますと、もはや手術適応ではないし、リスクも大きい。一般的な大学病院や有名病院では、手術を行わないところが多いと思いますが、私がやってみます」

 院長の気迫がこもった強い決断に、対面して聞いた池田夫妻は目を合わせ、頬がかすかに緩んだと感じたという。

「もしかしたら私は助かるかもしれないと思った瞬間でしたね」

 手術日は早かった。院長から「私が執刀する」と告げられた2日後の9月6日、妻と娘さんに見守られて池田さんは手術室に入った。

 正式な手術名称は「遠位側膵切除(脾合併切除)腹腔動脈幹、門脈合併切除」である。約5時間に及ぶ手術で、長さ4センチという腫瘍や、腹腔動脈幹なども切除された。

 手術室から院長が、マスクを外しながら出てきた。廊下で待機していた妻のもとに、銀色のトレイに載った腫瘍を包み込んだすい臓の断片を見せながら、

「奥さん、うまくいきましたよ。肉眼で見える範囲のがんはすべて取り切れました」

 院長の笑顔に妻は目を潤ませたという。

関連記事