生活と健康 数字は語る

糖尿病は減少傾向だが減っているのは「否定できない人数」

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 平成28年の「国民健康・栄養調査」では、糖尿病の調査に重点が置かれ、通常よりも詳細な調査が行われています。

 まず糖尿病の人がどれほどいるかです。糖尿病で治療中またはHbA1c6.5%以上を「糖尿病が強く疑われる者」とし、HbA1cが6%以上、6.5%未満を「糖尿病の可能性を否定できない者」として、いずれも全体の12.1%と報告しています。

 両者を合わせると24.2%、全体の約4分の1を占めるという結果です。日本人全体での推計人数では、「糖尿病が強く疑われる者」が1000万人、「糖尿病を否定できない者」を含めれば2000万人に上るとなっています。

 これはなかなかインパクトがある数字です。しかし、これらの大部分の人たちは元気に毎日の生活を送っており、このうち合併症を持つ者の割合など数字でさらに詳しく見る必要があります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事