クスリと正しく付き合う

なぜだ? 点眼しただけなのに苦味を感じる目薬がある理由

目頭を押さえて下を向く(C)日刊ゲンダイ

 副作用ではないものの、薬の特性によって、患者さんが驚いてしまうような反応が起こる薬があります。「苦味のある目薬」もそのひとつです。薬が苦いのは当たり前だろうと思うかもしれませんが、飲んで苦いのではなく、点眼して苦味を感じるため、知らない患者さんはびっくりしてしまうケースがあるのです。

「ムコスタ点眼液」(一般名:レバミピド)はドライアイ治療用の点眼薬としては比較的新しい薬です。胃粘膜の修復・保護作用があることから、一般的にムコスタ錠は胃薬として用いられています。鎮痛薬が処方される際に一緒に出されたりもするので、馴染みがある人も多いのではないでしょうか。ムコスタ点眼液は、このような粘膜保護作用と保水作用のある点眼液として、ドライアイ治療に用いられているのです。

■目頭を押さえて下を向く

 点眼薬なので口に入れるわけではないのですが、とにかく苦いのがムコスタ点眼薬の特徴です。点眼すると薬液が鼻涙管を通ってのどに入り、成分そのものの苦味を感じるのです。ムコスタは飲み薬でもあるので、飲むこと自体は問題ありません。ただ、点眼しただけで苦味を感じることには違和感がある患者さんも少なくないのです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事