末期がんからの生還者たち

肺がん<2>「一緒に健康診断を」友人の誘いが救いになった

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「早期発見、早期治療」はがん撲滅への原点である。しかし、がんが発見されるまで各種精密検査に多くの時間を費やし、検査費用もバカにならない。そうしたリスクを嫌い、大半の健常者はがん発見に後れを取ってしまう。

 その点、主婦の橋本好恵さん(73歳、仮名)は、検査時間はわずか1時間、しかも検査代金ゼロ円で「肺がん」が発見された。

 昨年暮れ、東京・荒川区内の公営住宅に住む橋本さんは、階下に住む親しい友人からこう声をかけられた。

「ね、明日、一緒に区がやっている健康診査に行かない?」

 毎年、全国の地方自治体はほぼ無料の特定健康診査を施行している。荒川区も毎年、40~74歳を対象に「特定健康診査受診票」を送付し、診査医院は区が指定した100を超える医療機関から選べるようにしている。橋本さんも3カ月前に申し込みをしていたが、明日が健診日であることを忘れていた。

1 / 3 ページ

関連記事