天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

僧帽閉鎖不全症の新治療法「マイトラクリップ」は間違いなく広まる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 しかし、カテーテルによるマイトラクリップは開胸する必要がないので患者さんの負担が少なく、外科手術のリスクが高い患者さんも受けることができます。心臓を極めて精密に映し出せるようになった超音波検査の進歩が、この治療法に役立っています。血液の逆流を改善することで悪化を食い止めることができるので、患者さんの選択肢を広げてくれる治療法といえるでしょう。

 既に欧米では一定の成果が報告されていて、日本でも数年前から臨床試験が行われています。近いうちに保険適用が承認される見通しです。

 もちろん、まだ日本人を対象とした治療実績は少ないうえ、適用となる症例もある程度は限定されることが予想されます。また、確実に治すとなると開胸手術に一日の長があるといえます。

 ただ、1人当たり600万円もの高額な医療費がかかる大動脈弁狭窄症に対する「TAVI」(経カテーテル大動脈弁留置術)に比べると、マイトラクリップは安価といえます。これからさらに高齢化が進んで僧帽弁閉鎖不全症の患者さんが増えるのも確実ですから、保険適用をきっかけにして急速に広まるのは間違いありません。選択肢のひとつとして、患者さん側も知っておくべき新しい治療法といえるでしょう。

3 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事