クスリと正しく付き合う

副作用が出なかった人も薬の作用が重なり表れるケースが

副作用の「眠気」には注意が必要(C)日刊ゲンダイ

 副作用とは、予期しない作用や目的としている効果以外の作用を指します。有害事象である場合も少なくないので、患者さんがつらい思いをすることもあります。

 自分もつらい思いをした上に、周りに迷惑をかける可能性がある副作用に、「眠気」が挙げられます。

 副作用の強い眠気によって、クルマの運転中や仕事中に事故を起こし、周囲に危害を加えてしまう可能性もあります。実際、著名人が薬を飲んでからクルマを運転して事故を起こしたというニュースを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 眠気の副作用がある薬で、特に注意が必要なのは鼻水やかゆみを抑える「抗アレルギー薬」です。花粉症の季節が近づいてきて、症状を緩和するために服用する人も多いでしょう。また、市販の総合感冒薬にも抗アレルギー薬が含まれているものが多いので、知らず知らずのうちに抗アレルギー薬を飲んでしまっているということもあるかもしれません。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事