天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

これからの心臓血管外科は「足の血管」の治療を無視できない

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 その点、今回開発されたダチョウの血管を用いた人工血管は、バイパス手術に適した細さの血管を必要な長さに調節して使うことができるため、足だけでなく心臓のバイパス手術でも大きなプラスになると期待されているのです。

 日本では年間2万件のバイパス手術が行われています。食用のダチョウは国内で年間6万匹くらいの需要があるとのことなので、3分の1にあたる2万本でも十分に供給が可能です。まだ3年後の臨床応用を目標にしている段階だといいますが、大いに期待しています。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事