生活と健康 数字は語る

若い患者は減っている 糖尿病を性別・年齢別で見てみる

若い患者は減っている(C)日刊ゲンダイ

今回は性別・年齢別で糖尿病がどうなっているのか見てみましょう。

 男女別に見ると、「糖尿病が強く疑われる者」は男性16.3%、女性9.3%、「糖尿病を否定できない者」は男性12.2%、女性12.1%となっています。糖尿病はやや男性に多いという結果です。

 年齢別に見ると「糖尿病を強く疑われる者」も「糖尿病を否定できない者」も加齢による増加傾向が明らかです。

 男性の「糖尿病が強く疑われる者」が20代で0.0%、30代で1.3%、40代で3.8%に対し、50代になると12.6%、60代では21.8%、70代以上では23.2%と、50代を境に急激な増加が見られるという結果です。

 さらにこの推移を平成9年からの変化で見てみましょう。「糖尿病を強く疑われる者」は50代、70代以上を除き平成19年がピークで、50代は平成9年がピーク、70代以上では今回の平成28年が最多となっています。若い年代の糖尿病はすでに減少傾向にあるものの、70歳以上の糖尿病は、いまだ増加の途中にあるという結果です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事