生活と健康 数字は語る

70歳の4割近くが疑われる状態 高齢者の糖尿病増加の陰に

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 糖尿病は目や腎臓に合併症を起こすことや、心筋梗塞や脳卒中のような疾患のリスクを増すことが問題で、正常に近い軽症の初期の糖尿病の人が合併症を起こすには10年、20年という長期間を要します。

 70歳の平均余命は、男性で15年、女性で20年ですから、糖尿病の合併症が出る前に死んでしまう人も多いわけで、それならそんなに糖尿病を気にして食事を制限するよりは、そんなの気にせず生活するほうがより幸せな人生かもしれません。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事