健康格差は年収格差

足立区vs港区 短命層の仕事と生活習慣はどう違うのか

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 東京・足立区と港区の現役世代は、どのような職業に就いているのでしょうか。「国勢調査」をもとに見ていきましょう。

〈表〉は両区民が従事している産業のうち特に差が大きいものを抜き出したものです。まず注目すべきは製造業。足立区の全労働者の11.4%が従事しているのに対し、港区は5.7%にとどまっています。足立区は町工場などで働いている人が多く、港区は大手メーカーの本社・東京支社のホワイトカラーが多いことが容易に想像できます。

 建設業や運輸業でも大きな差が見られます。足立区で建設業と言ったら、やはりガテン系が多いでしょう。運輸業もトラックやタクシーの運転手、宅配ドライバーなどが多いのではないでしょうか。

■飲食店の喫煙率の違いも

 港区に多いのは、専門・技術サービス業の人たちです。広告代理店、法律事務所、シンクタンクなどです。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事