ニューヨークからお届けします。

ニューヨーカーも悩む花粉症 ワクチン実験が着々進行中

ニューヨークはこれからが花粉症の季節(C)AP

 つらい花粉症の季節です。ここニューヨークでも、4月から6月にかけてが花粉症のピークとなります。日本に多いスギ花粉ではなく、ニレ、カエデ、クワ、オークといった樹木や、芝生をはじめとした草の花粉もアレルギーの原因になっています。

 その草の花粉アレルギーに効果がある予防接種が間もなく認可される――。そんなニュースが花粉症に苦しむ人々に希望を与えています。

 世界には草の花粉(草本花粉)アレルギーを持つ人が4億人いるといわれています。バミューダ・グラスやケンタッキー・グラスなどの芝はもちろん、ジョンソン・グラス(セイバンモロコシ)やレッドトップ・グラス(コヌカグサ)といった雑草まで、さまざまな花粉が原因になっています。くしゃみ、鼻水、涙などの症状だけでなく、特に草の花粉は粒子が小さいため、肌の引っかき傷から体内に入り、じんましんを引き起こすケースもあるそうです。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事