役に立つオモシロ医学論文

子宮頸がんワクチンの安全性は 注目の調査結果が専門誌に

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 この研究は94年4月から10年4月までの間に出生し、15年8月現在において名古屋市に在住していた女性7万1177人を対象としたアンケート調査です。小学校6年生から、15年9月までに接種したワクチンの種類や、関節や体が痛む、ひどく頭が痛い、疲れやすいなど24の身体症状の有無を調査しています。

 回答のあった2万9846例を解析した結果、24症状、いずれにおいてもHPVワクチン接種と明確な関連性は示されませんでした。HPVワクチンは、HPV感染や子宮頚部の異形成発症(子宮頚がんの前病変)を予防することがすでに示されており、日本産科婦人科学会は、国が一刻も早くHPVワクチン接種の積極的勧奨を再開することを強く求めています。

2 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事