花粉症シーズン本格到来 夜ぐっすりには睡眠対策が肝心

つらい季節がやってきた(C)日刊ゲンダイ

 花粉を吸い込まないためには、マスクを装着して眠るのも効果的だ。

「花粉を物理的にブロックして、就寝中の鼻水、せき、くしゃみといったアレルギー症状を抑えるだけでなく、鼻やのどの湿度を保って鼻の通りの改善やのどの痛みを防ぐことができます。鼻の通りが悪いとどうしても口呼吸になり、歯ぎしり、いびき、睡眠時無呼吸症候群などの要因になります。就寝時のマスク装着はそうした健康被害のリスクを軽減させるのです」

 睡眠用のマスクは、ガーゼやタオル地などの肌触りの良い布製がおすすめ。

 一般的な不織布のマスクでは、息苦しくなって無意識にマスクを外してしまうケースが多い。耳ひもが痛くならないような工夫がしてあるマスクもある。

 花粉症による目のかゆみで眠れないケースもある。かゆみを引き起こす「ヒスタミン」という物質は、脳の覚醒と睡眠が切り替わるタイミング、つまり眠る直前と起きた直後に活性化する。このタイミングで花粉に反応すると症状が悪化してしまう。

3 / 4 ページ

関連記事