後悔だらけの花粉症対策

治療は自宅でOK 花粉症の根治薬「シダトレン」の効き目

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 これはアレルゲン免疫療法と呼ばれるもので、従来は注射によって治療薬を投与する皮下免疫療法が主流だった。シダトレンは注射を使わない舌下免疫療法で行う。

 患者の負担はぐっと減るのだ。

 試してみたい人は、まずは同薬を扱っている耳鼻科に行き、アレルギーの確定診断をする。スギ花粉によるものだと分かれば、治療開始だ。といっても、やるのは自宅である。液状の治療薬を舌の下に置き、2分間待ってから飲み込むだけでオーケーだ。

 治療開始後の通院は、最初と2週間後、その先は月に1度で済む。

「まずは2週間かけて少しずつ量を増やし、ピークになってからは毎日同量を取り込むことになります。これを3~5年続ける必要があるので、患者さんによっては毎朝、新聞を読む前に投与するなど、生活習慣に取り入れる工夫もされているようです」(同)

3 / 4 ページ

関連記事