生活と健康 数字は語る

70歳過ぎの軽症糖尿病にクスリは必要ないのか?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 国民栄養調査は、高齢になって初めて糖尿病と診断されたり疑われたりする人が増加している現状を明らかにしました。

 しかし、高齢になって初めて軽い糖尿病といわれたところで、合併症が出てくるのは10年、20年後ですから、糖尿病と診断されたからといって、それほど気にしなくてもよいことがわかります。

 実際に高齢者の糖尿病の治療基準がどうなっているのかを見てみましょう。日本の糖尿病ガイドラインでは、日常生活に制限がなく認知機能にも異常のない糖尿病患者に関して、低血糖の危険が高い薬を使わない場合にはHbA1cで7%未満を目標に治療しますが、薬を使用する場合には65歳以上75歳未満では7.5%未満、75歳以上では8.0%未満を目標に治療するとなっています。

 さらに薬の治療をする場合には75歳未満では6.5%未満にはしないように、75歳以上では7.0%未満にしないように治療すべきとあります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事