Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

大橋純子さん公表の食道がん 化学放射線療法なら通院でOK

大橋純子さん(C)日刊ゲンダイ

 不幸中の幸いといえるでしょう。歌手の大橋純子さん(67)のことです。先月中旬に胃カメラ検査を受けたところ、たまたま食道がんが見つかったと報じられました。食道の中間部分に「怪しい」組織を指摘され、再検査を受けたところ、ステージ1の腫瘍が見つかったといいます。

「すぐに治療にかかれば根治できる」

 そう説明され、治療に専念すべく、年内の仕事はすべてキャンセルしたそうです。

 ごく早期で、転移もなく、歌手生命を左右する声帯には、影響がなかったのは何よりです。

 食道の周りには、リンパ管が多くあります。一般に臓器は、漿膜と呼ばれる膜で覆われ、がんの増殖過程ではそれが“防波堤”になるのですが、食道には漿膜がありません。その2つの事情から食道がんは、早い時期から転移を起こしやすいのです。

■仕事を辞めてはいけない

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事