ニューヨークからお届けします。

アルコールが認知症を引き起こす 専門誌の調査結果が波紋

飲み過ぎには注意!(C)日刊ゲンダイ

 酒を多量に飲む人は認知症になるリスクが高い――。こんな調査結果が報告され波紋を呼んでいます。

 発表したのは医療専門誌「ランセット・パブリック・ヘルス」で、2008年から13年までの5年間にフランスの病院を退院した100万人の認知症患者のデータベースを分析しました。その結果、認知症の男性の16.5%、女性の4%がアルコールの使用障害(依存症)と診断されており、この数字は認知症でない人の2倍に当たります。

 アルコール使用障害との関連は、特に65歳以下で発症する早発型認知症に顕著で、こうした患者の約半数がアルコール使用障害を持っていたとのことです。研究に携わった「トランジショナル・ヘルス・エコノミクス・ネットワーク」のマイケル・シュワルジンガー医師は、「ここまでアルコールとの強い関連があるにもかかわらず、まったく注意が払われてこなかったことの方が驚き」とコメントしています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事