天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

アレルギーを抱えている患者の手術は普段以上に注意が必要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 ただ、患者さん本人が自分にアレルギーがあることを自覚していない場合は厄介です。術中にアレルギー反応が起これば、スタッフがバタバタと大慌てする事態を招きます。それを避けるため、手術を控えている患者さんには、複数のスタッフが「アレルギーがあるかどうか」について何度もしつこく確認します。本人はよくわかっていないが、ひょっとしたら……という場合は、アレルギーの検査をしてはっきりさせるケースもあります。だいたい20人に1人くらいの割合で術前にアレルギー検査を実施しています。それだけ、アレルギーがある患者さんの手術は注意しなければならないのです。

 次回、アレルギーがある患者さんの手術についてさらに詳しくお話しします。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事