Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

CM出演の山下弘子さん25歳で死去も…肝臓がんは予防できる

(山下さんのブログから)

 若くして肝臓がんで亡くなった方をご存じでしょうか。山下弘子さんです。今月25日、25年の人生に幕を閉じたと伝えられています。

 大学1年だった19歳の時に肝臓がんが見つかり、「余命半年」を宣告されたそうです。それでも、前向きに治療を続ける、その姿が共感を呼び、アフラックのCMに出演するなど元気に活躍されていました。

 一般の方は肝臓の病気というと、アルコールの影響と思われるかもしれませんが、度重なる飲酒の影響で肝臓がんになるのはまれです。肝炎を起こすウイルス感染による肝臓がんが、全体の8~9割に上ります。

 つまり、肝炎ウイルスに感染して肝炎を起こし、それが慢性化し、肝硬変に悪化。ひいては肝臓がんになるのです。感染が原因の中心という点で、ピロリ菌感染による胃がんと似ているでしょう。

 そのウイルスは5つあります。要注意なのは、B型とC型です。2000年代になり、どちらも効果的な薬剤が登場。治療が急速に進歩しています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事