Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

CM出演の山下弘子さん25歳で死去も…肝臓がんは予防できる

(山下さんのブログから)

 B型は母子感染や性行為感染が主な原因ですが、バラクルードなどの薬剤でウイルスを減らすことが可能に。一方、ワクチンがあり、母親の感染が分かると、新生児やパートナーにワクチンを接種して感染を防ぐことができます。

 B型は肝臓がん全体の1~2割で、C型は7割ですから、数の上ではC型が圧倒的です。

 輸血などで感染するC型は、薬剤でウイルスを駆逐できる可能性が高くなっています。ハーボニーなどを服用すれば、9割以上の確率でウイルスが消滅するのです。

 一般にC型肝炎に感染すると、70%が肝炎を発症。30~40%はおよそ20年かけて肝硬変に進み、そのうち年率7%が肝臓がんになるといわれています。

 治療でウイルスが消滅すれば、この悪い流れを断ち切ることができるのです。このことを頭に入れておいてください。ウイルス由来の肝臓がんは予防できるのです。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事