生活と健康 数字は語る

糖尿病が否定できない人の行く末

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 糖尿病を否定できない人や糖尿病の増加について、もう少し詳細に検討してみましょう。この先のデータは国民栄養調査では手に入らないため、基の研究論文を私が間接的に紹介することになります。これまでの記事のように基になるデータや図表と私の書いたことを照らし合わせてという作業ができませんが、ご容赦ください。

 糖尿病の疑いがある、糖尿病が否定できないと言われた人は、その後一体どれくらいの人が糖尿病になるかについては、2009年に報告された日本の研究があります。この研究では平均56歳のHbA1cが6.5%未満の人を対象に、ボグリボースという薬で糖尿病がどれほど予防できるかを検討していますが、約1年後にボグリボースの治療を行わなかったグループですら881人中106人が糖尿病になったに過ぎません。ボグリボースという薬を使わなくても90%弱は糖尿病が疑われる段階にとどまっていたのです。さらにボグリボースという薬を使うと897人中50人が糖尿病になっただけです。案外糖尿病の疑いがあると言われた人の大部分は糖尿病にはならないものなのです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事