ニューヨークからお届けします。

市民に止血訓練広がるも 全米が恐怖する“半自動小銃”とは

フロリダの高校での銃乱射事件もAR-15が使われた(C)AP

「銃乱射を想定した一般市民のための止血トレーニング」がニューヨークの病院で始まり、全米に広がっています。

 しかし、より多くの犠牲者が出たラスベガス、さらに今年のフロリダの高校での銃乱射を受け、医療関係者は新たな問題を訴えています。2つの事件で使われた「AR-15」と呼ばれる半自動小銃は、別名「ミリタリースタイル」。戦場で使われているマシンガンのスペックを落とし、一般向けに販売されているものです。多くの犠牲者を出した銃撃の多くで、この銃が使われています。

 フロリダの高校銃撃の犠牲者の傷をCTスキャンで診察したブロワード・ヘルス・メディカルセンターのヘザー・シェール医師によれば、「通常の拳銃の傷は内臓に一直線の痕を残す。しかし今回のAR-15による傷は、内臓自体がまるで熟れた果実をハンマーで潰したようになってしまっていた」とのこと。ERで治療を試みた医師も「内臓はズタズタに切り裂かれ、治療の施しようがなかった」と言っています。半自動小銃の弾のスピードは普通の拳銃の3倍もあり、破壊力は従来の拳銃とは比べものにならないほど広範囲に及ぶと、医療関係者は語っているのです。

1 / 2 ページ

関連記事