愉快な“病人”たち

1月に手術 生島ヒロシさんが「緑内障」から学んだこと

生島ヒロシさん(C)日刊ゲンダイ

「これは大変だ。眼圧がすごく上がっている」

 そう医師に言われたのが、今年の1月。五輪前の韓国から帰国したら、右目の眼圧だけが32~33㎜Hgになっていたのです。一般的な正常値は10~21と言われていますから、だいぶ危険な数値です。それで、2月16日に「緑内障」の手術をしました。

 そもそも2~3年前から南青山アイクリニックで「右の眼圧が高めですね」と言われ、眼圧を下げる点眼薬を処方されていたのです。その時の眼圧は左14、右19ぐらい。確かに時々、目がシバシバして急に涙があふれてしまうことがあり、おかしいなとは思っていました。でも痛くもかゆくもないし、ちゃんと見えていたので眼圧が高いと言われてもどういうことなのかわかっていませんでした。なので点眼薬はさしたり、ささなかったり……。自分的には「良い加減」の意味の「いい加減」でやっていました(笑い)。

1 / 5 ページ

関連記事