愉快な“病人”たち

1月に手術 生島ヒロシさんが「緑内障」から学んだこと

生島ヒロシさん(C)日刊ゲンダイ

 寝るときは無意識に触らないために3~4日プロテクターをするよう指導されますが、シャンプーや洗顔はもう普通にしてもいいようなことを言われ、逆にちゅうちょしました。しばらくはゴーグルをしてシャンプーしていましたね(笑い)。

 術後の見え方はどうかというと、黒く見えてた部分がグレーになった感じがします。白内障は手術でよく見えるようになると聞きますが、緑内障ではそれはないようです。ただ、不快感がなくなり、疲れが半減した気がします。右の眼圧は9~10まで下がり、左目より低くなりました。

 今回学んだのは、遺伝的な要素があると、突然病気のスイッチが入ってしまうものなんだということです。普段から健康を意識してチェックしていましたが、「年齢のわりに見た目が若い」とか言われて調子に乗っていたところがあるんで、負荷をかけすぎないようにしないといけないと思いました。あと、医師に言われたことは守らないとね(笑い)。

4 / 5 ページ

関連記事