役に立つオモシロ医学論文

フェイスブック利用者は自尊心が強く自己陶酔しやすい?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 総務省の2017年版情報通信白書によれば、LINE、フェイスブック、ツイッターなど、我が国における主要なソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用率は、12年の41.4%から、16年の71.2%にまで上昇していることが示されています。

 また、16年における我が国のSNS別の利用率は、LINEが67%と圧倒的に多く、フェイスブックは32.3%、ツイッターは27.5%でした。

 世界的にもSNSの利用率は増加しているようですが、日本とは異なりフェイスブックや、写真、動画コンテンツの投稿をメインとしたインスタグラムの利用が多いようです。SNSはある意味でネット上に構築された公共的な社会空間のひとつです。ここでのコミュニケーションの取り方が、国民性や地域性で異なっており、それがSNSの利用状況に差をもたらしているのかもしれません。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事