天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

なんらかのアレルギーを持っている人は思わぬものに反応するケースがある

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 前回に引き続き、アレルギー性疾患を抱えている患者さんの手術についてお話しします。

 花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、食物アレルギーなどのアレルギーがある患者さんを手術する際は細心の注意が必要です。術中にアレルギー反応を起こすと血圧が急激に下がり、血液の循環の維持ができなくなるなどして全身状態の維持に苦労するからです。

 そのため、アレルギーを自覚している患者さんは、事前に医療者側にきちんと伝えておくことが大切です。もっとも、患者さんから「私は○○アレルギーがある」と申告があったとき、まずわれわれは「それが本物のアレルギーなのかどうか」を検査で確認します。かつて治療を受けていたクリニックなどで、「あなたは○○アレルギーだから、この薬が使えない」などと“誤診”されている可能性があるからです。

 患者さんのアレルギーが本物だった場合、まずはそのアレルギーに抵触しないような薬や機材に変更して治療を行います。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事