天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

なんらかのアレルギーを持っている人は思わぬものに反応するケースがある

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 患者さんからしてみれば、自分が麻酔薬や滅菌ガスに対してアレルギーがあることなんて知らないでしょう。ただ、もともとアレルギー体質の人は、なんらかのアレルギーを引き起こしやすい物質に対しても反応する可能性が高いといえます。そのため、アレルギー体質の患者さんに対しては、本人が自覚していない場合でも“アレルギーを起こしやすい物質”を含む薬や機器は使わないようにします。ですから、何かひとつでもアレルギーがある患者さんは、医療者側にきちんと伝えてください。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事