がんや心臓病より怖い

孤独<11>定年後対策としてのクラウドソーシング

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 サラリーマンにとって定年は大きな節目です。サラリーマンは会社組織に属しているため、社会とのつながりは、会社を介した間接的なものになりがち。仕事仲間とも、会社があればこその付き合いです。退職によって、それらすべてが同時に失われてしまいます。しかも隣近所や町内会など地域とのつながりは、もともと希薄。独身者や、家族との関係が微妙な人には、厳しい現実が待ち構えています。

 そのためもあってか、定年後も仕事を続けたいと思う人が増えてきています。総務省統計局の「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)」(2017年9月)によれば、65歳以上の就業者数は770万人。就業率は22・3%(男性30・9%、女性15・8%)。年々増え続けています。当然ながら正規雇用は少なく、4人に3人が非正規です。

 ただ、電通総研の「シニア×働く」調査(2015年7月)によると、60代の「働きたい」人の3割が、実は働けていないとのこと。とくに60代後半では、求人の多くがパート・アルバイトになるため、「自分の経験や技能を生かしたい」と思っている人には、おもしろくない仕事かもしれません。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事