医者も知らない医学の新常識

40~60代から運動を始めても心臓病は予防できる

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 皆さんは運動をしていますか? デスクワークをされている40代、50代の方にお聞きすると、その比率はかなり低いものになりそうです。“健康に良いのは分かっているけれど時間がなくて”というような方も多いのではないでしょうか。

 運動は健康維持や生活習慣病の予防のために、有効であることに間違いはありませんが、たとえば心臓を健康に保つために、50歳から運動を始めても効果があるのでしょうか?

 今年の循環器医学の専門誌に、興味深い研究結果が報告されていました。

 年齢に伴って心臓の働きが低下する心不全では、拡張能という、心臓を膨らませる力が低下して、心臓の壁が硬くなるという変化が最初に起こります。

 40代から60代の日頃運動をしていない人に、週に何回かの比較的ハードな運動を指導したところ、2年後には心臓の拡張能が改善するという変化が認められました。もちろん運動をしなかった人ではそうした変化はありませんでした。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事