役に立つオモシロ医学論文

飛行機内で感染リスクのもっとも高い座席はどこだ?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 飛行機内は密室空間ですから、風邪などの呼吸器感染症にかかっている人が搭乗すると、周囲の乗客へ感染が拡大してしまう恐れがあります。気になるのはどのくらい離れていれば大丈夫か?ということでしょう。

 米国の国内線10便を対象に、乗客の行動パターンから機内での感染症の広がりをシミュレーションした研究が、2018年3月19日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載されました。

 解析の結果、呼吸器感染性を発症している乗客から他の乗客への感染リスクは、座席が離れていれば極めて低いことが示されました。感染者の前後1列、横2列以内に座っている乗客では感染確率が約80%でしたが、それ以上離れると3%未満という結果になっています。また、乗務員が感染していた場合、1回の飛行で4・6人の乗客に感染させる可能性が示されています。

 この研究では、飛行中に機内のトイレやテーブルから得られた229件の環境サンプルを収集し、そこに付着していたウイルスも解析しています。インフルエンザシーズン中に8回のフライトを調べましたが、一般的な呼吸器感染症を引き起こす18種のウイルスは検出されませんでした。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事