天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

ハートシートは心臓移植を待つ患者さんに大きなプラス

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 実は最近、当院も補助人工心臓の植え込みを実施できる施設として認可を受けるために、チーム編成と手続きを進めていました。補助人工心臓に携わりたいという意思を持つスタッフが多いこともありますが、「ハートシートを使った治療を実施したい」という理由もありました。今回、ハートシートを使った治療の“縛り”が外れたことで、今後は補助人工心臓チームとハートシートの治療を別々に考えて進めていくつもりです。

 冒頭でもお話ししましたが、ハートシートを使った治療は、主に拡張型心筋症や虚血性心筋症の患者さんが対象です。中には、ハートシートを貼り付けただけで心機能が回復して治る患者さんもいますが、完治させるには心臓移植しかありません。基本的には移植までの“つなぎ”の治療といえます。

 それでも、患者さんにとっては大きなプラスになります。移植を待つために補助人工心臓を植え込む前の段階でハートシートを使った治療を行えば、大幅な生活制限を受けることなく日常生活を送りながら、移植を待つことができるようになるのです。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事