天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

ハートシートは心臓移植を待つ患者さんに大きなプラス

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 心臓移植は臓器を提供していただくドナーが必要で、どうしても限界があります。移植を希望する患者さんも年々増加していて、日本臓器移植ネットワークに登録している心臓移植の待機者は、97年は8人でしたが、18年2月には665人まで増えています。登録したものの移植を受けられず、待機中に亡くなる患者さんも増えているのが現状です。

 ハートシートは、今後も増えるのは間違いない移植を待つ患者さんにとって、大きな福音になるでしょう。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事