末期がんからの生還者たち

大腸がん<4>「共済保険と高額療養費制度に助けられました」

岩井ますみさん(提供写真)

 カラーコーディネーターとして、カルチャーセンターの講師などを務めていた岩井ますみさん(54歳=千葉県市川市在住)は、壮絶ながん治療の体験を持つ。

「順天堂大学医学部付属浦安病院」(千葉県浦安市)で、「大腸がん(下行結腸がん)ステージⅣ」を告知された岩井さんは、2009年1月に大腸がんの手術を受けた。

 その後、肝臓に転移していることを告知される。このとき岩井さんは、医師から家族の同伴を勧められたが、一人で聞いた。

「年老いた両親に、再び肝臓がんの告知を聞かせるのは忍びなかったし、姉も大阪に住んでおりましたから……」

 抗がん剤(TS―1)治療を翌年10月まで受け、肝臓がんに巣くっていた腫瘍を切除した。

 大腸がん、肝臓がんの2度に及ぶ大手術。さらに副作用が強い抗がん剤治療など3年半のつらい闘病生活を送った。 

1 / 3 ページ

関連記事