Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

内田春菊さんの告白が話題 直腸がんでも人工肛門を免れる

内田春菊さん(C)日刊ゲンダイ

「穴を開けた脇腹から体内で切り離した大腸を出しているんです。ここから排せつできるよう、人工肛門を装着しました」

「女性自身」のインタビューに答えているのは、漫画家の内田春菊さん(58)です。肛門のそばの直腸にがんができ、がんと一緒に肛門を切除したため、人工肛門を余儀なくされたといいます。

 大腸がんは、昨年の罹患数予測が14万9500人で、すべてのがんの中で最多。食の欧米化に伴って急増しています。内田さんの記事は示唆に富んでいますから、おさらいしましょう。

 3年前、「トイレでガスが出たときに、血が飛び散って、痔の治療で有名な病院に予約を取った」そうです。それでも、「座業なんで、痔がひどくなったのか」と、がんを疑っていない様子がみて取れます。

“痔主”の方が、「肛門からの出血や検便の便潜血は、痔のせい」と軽く考えて、大腸がんの発見が遅れることは少なくありません。私の近親者も、それで大腸がんで亡くなっています。48歳の若さでした。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事