天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

手術用ガーゼの置き忘れを防ぐ新しい技術が登場

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 しかし、後にその患者さんがたまたま訪れた医療機関で再手術を勧められたと連絡が来ました。おそらく、なんでもいいからとにかく手術をして実績にしようという方針の施設だったようで、再手術と現状維持とのリスク判断に不信感を持ったということでした。

 その患者さんは私を信頼してくれていただけでなく、周囲には「自分の体の中には、あの先生に置き忘れられた針があるんだ」と、むしろ自慢していると笑って話してくれました。その頃、私の名前が心臓手術の名医として取り上げられるようになっていたこともあって、「この針が私と先生をつないでいる」というお気持ちがあったといいます。懐かしい出来事です。

 最近は、手術器具にもGPSが搭載されたタイプが登場しています。技術の進歩が「置き忘れ」のミスを完全に防ぐ日も遠くないかもしれません。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事