Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

大橋純子さんが食道がんに 声帯は化学放射線で温存できる

大橋純子さん(C)日刊ゲンダイ

 では、食道がんを化学放射線で治療した人が、再発したらどうすればいいか。食道がんは再発しやすいことが分かっていますが、この場合も、声帯を温存することが可能です。

 化学放射線治療後は、内視鏡検査などで経過をチェックすることで、再発病変も早期発見できます。そうすれば、内視鏡で切除したり、レーザーを使用する光線力学療法で治療したりできるのです。どちらも声帯にダメージを与えることはありません。

 食道がんになりやすいのは60代から。晩年にコミュニケーションに欠かせない声を失うのは、歌手でなくてもつらいものです。決して手術だけがベストではありません。

3 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事