がんと向き合い生きていく

専門医であればこそ、せめて患者と一緒に悩んで考えてほしかった

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 G病院で大腸がんの手術を受けた会社員のSさん(45歳男性)は、両側の肺に転移があったため、その後も抗がん剤を併用したいくつかの治療法を2年間続けました。

 手術の時からずっと経験豊富な外科のT医師(60歳)が担当でした。T医師はがん薬物療法専門医の資格は持っていなかったものの、何かと相談しやすく、薬の副作用などにも気を配ってくれます。Sさんは、とりわけ一緒に悩んでくれることがありがたく思っていたといいます。

 しかし、最近になって再び腫瘍マーカーの値が上昇してきました。CT検査の画像では肺転移が大きくなった感じがあり、T医師から「標準的な治療では抑えられなくなってきているかもしれません」と告げられたそうです。

 Sさんは長く治療が続いて心身ともに疲労を感じていました。しかし、妻やまだ小さい子供のこと、そして仕事を考えると、「まだまだ頑張って闘いたい」と思っていました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事