愉快な“病人”たち

荒井daze善正さん語る EBウイルスの恐怖とドナーへの感謝

SNOWBANK主宰・プロスノーボーダーの荒井daze善正さん(C)日刊ゲンダイ
慢性活動性EBウイルス感染症

「そんな軽い気持ちで付き合っているわけじゃない! さっさと治して私を幸せにしてよ」

 病名が確定して厳しい現実を突きつけられ、半ば別れ話を切り出したボクに対し、彼女(現在の妻)が話した言葉です。結婚前から強かったですね(笑い)。でも、彼女のサポートがあって今があることは間違いありません。

 病名は「慢性活動性EBウイルス感染症」。これがわかるまでに1年近くかかりました。始まりは、雪山でスノーボードに明け暮れていた2006年頃です。微熱が続いてへんとうが腫れ、何だかうまく滑れない日が続いていました。手の震えや足の動きの鈍さに気付いたものの、あまり気にせず滑り続けていたある日、自宅で突然、倒れてしまいました。けいれんして泡を吹いていたようです。気付いた時は病院でした。

 医師に「脳髄膜炎」と言われつつ、原因がわからないので救急病院から大きな総合病院を紹介され、検査入院することになりました。全身麻酔で肺やリンパの組織を取るハードな検査を含め、数え切れないほど検査しました。でも、3カ月以上入院した揚げ句、原因がわからないまま退院となり、別の病院で2週に1回通院の経過観察となりました。

1 / 5 ページ

関連記事