役に立つオモシロ医学論文

健康的な食事を取っている人は顔のシワが少ない?

果物を多く食べてした女性はシワが少ない(C)日刊ゲンダイ

 肌の弾力低下により、加齢とともに増えていく顔のシワ。シワをできにくくするためには、どうすればよいのでしょうか。

 肌の美容に関してインターネットで検索すると、膨大な量の情報を入手することができます。しかしながら、科学的根拠に乏しい内容も多く、それらの情報の妥当性は必ずしも高くありません。

 米国皮膚科学会誌の電子版に、食習慣と顔のシワの関連を検討した観察研究の論文が、2018年3月27日付に掲載されています。

 この研究では、オランダ在住の高齢者2753人(女性59%、年齢中央値67.3歳)が対象となり、健康的な食事をしていた人と、そうでない人を比較して、シワの重症度が検討されています。

 顔のシワについては顔写真から皮膚面積に占めるシワの割合を算出し、食習慣に関しては食品摂取頻度調査票を用いたアンケート調査が行われました。なお、結果に影響を与えうる、年齢、身体活動量、1日のエネルギー摂取量、喫煙状況などで補正して解析しています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事