Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

石弘光さんはステージ4 すい臓がんは尾道方式で早期発見

石弘光さん(C)日刊ゲンダイ

「すい臓がんステージ4Bと言うと、おずおず連絡してくる友人が多いけれど(笑い)、普通に生活を送っている感じです」

 そう語っているのは、一橋大名誉教授の石弘光さん(81)です。小泉政権で政府税制調査会の会長を務めた方で、ご存じの方も多いでしょう。週刊朝日で元国立がんセンター総長の垣添忠生さんと対談。その記事がネットに転載され、話題を呼んでいます。

 全国がんセンター協議会の調査によると、すい臓がんステージ4の5年生存率は、1.2%。プロ野球の星野仙一さんや元横綱・千代の富士らの命を奪ったがんで、がんの中でも難治がんとして知られます。

 それが告知されたらショックでしょうが、2年前の6月に判明したときは、「もう十分やってきた。がんならがんで受け入れよう」と深刻にならず冷静です。食欲もあって、「活発に動き回っています。スキーもしたいぐらいなんです」と、とにかく前向きなのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事