がんと向き合い生きていく

AIは患者さんと一緒に悩むことができない

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 胃がんが見つかり、1カ月前にS病院で胃を3分の2切除する手術を受けた主婦のAさん(48歳)は、退院後の外来で担当医からこう告げられました。

「病理診断の結果、胃に接するリンパ節に転移がありました。でも、ステージⅠですので、再発予防のための抗がん剤治療は必要ありません」

 Aさんは「リンパ節転移があったのに、大丈夫なのだろうか?」と心配になり、Eがん専門病院でセカンドオピニオンを受けることにしました。

 そこでは、胃外科のG医師から「胃がん治療のガイドラインで、ステージⅠでは手術後の化学療法は勧めていません。当院でも、ステージⅠには化学療法は行っていません」と言われたそうです。

 そして、「詳しくは読んでいただければ分かります」と、ガイドラインが書いてある数枚のプリントを渡されました。それは、手術をしてくれたS病院の担当医からもらったものと同じでした。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事