実録 父親がボケた

<3>排泄の失敗が増え…とうとう紙パンツをはかせることに

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 もうひとつ幸運なことがあった。両親の住むマンションに、地域包括センターの方が講演に来たという。「家族のことで不安な方は気軽にご相談ください」と言ってくれたらしい。父の糞尿と日々奮闘していた母は即行相談に行き介護認定を受けることになった。

 このステップになかなか踏み切れない人が多いと聞く。「うちはまだ大丈夫」「家族でなんとかする」……。日常に支障を来したら即行相談すべきだ。母はちゅうちょなく相談。そこはよかった。

 16年1月に出た判定結果は「要支援1」。もっとも軽いレベルだが、介護サービスを受けられるのだから、一歩前進だ。

 しかし、問題はその後に起きたのである。

2 / 2 ページ

吉田潮

1972年生まれ、千葉県出身。ライター、イラストレーター、テレビ評論家。「産まないことは『逃げ』ですか?」など著書多数

関連記事